アバウト

  • pinoco pinoco
    @ ハハ

    インテリア雑貨好き、二児の母。絵に描いたようなO型の楽観主義者。書く・食べるときだけ左利き。甘党。キャノンS-95 と AQUOS PHONE zeta SH-01F 使用。三歩歩くと大抵のことは忘れてしまう。最近発覚したのは注意散漫症

    mao mao
    @ ムスメ

    エブリデイ、フルスロットル。05年8月生まれの8歳! マイペースなパワーあふれる、歌とダンスが大好きおてんば少女。とにかくストレートに感情をぶつけてくる激情ムスメ。ピーチク酉年。この1年で体型がグッと縦に伸びたらしい3年生

    hiroto hiroto
    @ ムスコ

    09年1月生まれの5歳。希望通りの癒し系息子。5歳にしてすでにマルコメ経験数、数知れず。姉ゆずりの笑顔はえびす顔。内弁慶の甘えん坊、人見知りと三拍子揃ってます! うっとり丑年。牛乳と折り紙とサッカーが好き

    yager yager
    @ チチ

    バスケとスノボとカート・コバーンを愛する親バカ隠れ管理人。システム担当。見た目とは裏腹なキャラは妻のみぞ知る?? ヒゲに坊主、スニーカーで出勤するさそり座B型。自由、PC、ペプシがあれば…何も要らない


    もっと知りたい?
    うっかり我が家に興味を持ってしまったそこのあなた!プロフィールも要チェックだわよ。

    このブログを登録する
    このブログのRSS(ATOM)を購読する
    このブログをマイニフティで読む
    このブログをマイリストに追加

    過去記事
    live.creazy.net」は2005年9月に始まりました。これまでの記事はトップページ下部の「バックナンバー」をクリック。 ※2007年10月にココログへ引越してきました。まだ一部工事中につきお見苦しい点はお許しください!

« 家づくり 〜03.二世帯について考える〜 | トップページ | ひさびさのお知らせです »

2010年5月10日 (月)

家づくり 〜04.土地を探す・購入する〜

2010051002

サブ候補地のエリアは、こういう擁壁(ようへき)つきが多かった。見晴らしはいいんだけどなあ。外構費がプラスにかかります

2010051003_2

子ども連れには嬉しい、遊歩道に面した土地。あっそびて〜!

 

‥というわけで、地元で土地、または中古住宅付き土地を探すことに決めた我が家。

 

まずは地元といえど、具体的にどの町にするか。

これについては、都内まで通勤する夫の交通手段の利便性が最優先事項だったこともあり、候補地はいくつかに絞られました。

その中で、義両親にとって暮らしやすいところ。これもかなり重要でした。何十年も根付いた土地で、まわりとの繋がりも強い土地を離れるのってかなり大きなこと。アクティブな義両親なので、現在の行動範囲はものすごい広いのだけど! 

■治安がいいこと
■自然が多いこと
■通学しやすいこと
■店・病院が近くにあること

ここらへんは最低条件。そして、昔からある集落よりも、できれば同じような世代の家族が多く住んでいる地域のほうが母子ともに暮らしやすいかな〜と思っていました。

不動産広告、ネットの物件情報などで大体の相場を把握し、現地の不動産屋を何件かまわり具体的な情報を収集。実際に現地を見て回り写真を撮ったり、何件か比較検討。
他県ナンバー、低速でうろうろする車はさぞかし怪しかったことでしょう。ヒロトは大抵寝ていたけど、マオは飽きてしまいギャーギャー怒ったり騒いだり。近所のひとと目が合って挨拶するときもお互いに、「このひととご近所になるのかな?」みたいな微妙な緊張感? があったりして(笑)。

 

しかしなかなかバッチリ条件が揃うところはないものです。予算の壁も立ちはだかるし、「ここぞ!」と仮予約しようとしたら実はもう売れていたり。

「安い♪」と見に行ったら絶壁だったり。しかも絶壁側からしか車は入れないので、駐車場づくりで結局工費含めるとまわりの土地相場とトントンになるとか。

もひとつ「安い♪」と見に行ったら、四方八方完全に家に囲まれたキングオブ旗状土地だったり。なんということでしょう! 設計は「匠」に頼むしかないね! 

「いいな〜♪」というところは大抵予算オーバー。ひらけていて景色バツグン! と思ったら防犯上イマイチだったり、土地形状が変形していてプランしにくかったり。

「安いしプライバシーも守れていいね」てところは交通の便が悪すぎたり。

 

土地に掘り出し物は無い と言うけど、確かに無い! 
安いところはそれなりの理由がある。身の丈に合ったベストなところはないものか、じっくり探そうじゃないか。

 

しかし狙っている分譲地はどんどん売れてゆく。二世帯の暮らしも見えてこない。現地との現実的な距離もあり、じりじり時間が過ぎて行きました。

 

ちょうど去年の初夏。娘は幼稚園に入ったばかり。行事や父母会の集まりが比較的少ない園だったのでそちらの負担が少なかったのは幸いでした。が、息子は まだ0歳。昼夜のフル授乳期、悩みすぎるとすぐ乳腺炎になりかけました。おっぱいの量も明らかに減ってしまい、ただでさえ体重が少ないと保健所から言われていた息子、成長グラフの体重ラインが上がらない! 
それまで気にしないように前向きに考えていたけど、保健所のうるさいおばさんに散々言われた日は、どんよりしながら哺乳瓶とミルクを買いに行ったものです。飲んでくれなかったんだけどね‥

 

そんなある日、「なかなかいい土地も見つからないし、お互い別にさがしてみようか」という内容の電話が義母からありました。(確か夫が話したような気がする‥記憶が‥)
ではもう一度現地で探してみよう、と不動産屋を回ったある日、今まで資料には「売約済」扱いだった場所が、実はまだ残っていることが判明。しかもその不動産屋が直接の売り主でした。つまり仲介手数料なし!

そこは以前、夫婦別々で見てお互い「ちょっといいかも」と思ったところでした。林&田んぼの景色、小学校も近い。分譲地のはじっこで、静か。狭すぎず広すぎず、将来の同居にも増築で対応できそうな面積。(予算的にいきなり広い家は無理なので)

 

現地を確かめ

 

「良いかも!」

 

という手応えを感じ、その日に双方の両親に見てもらい、仮予約。後々正式に購入することとなったのでした。

義両親もその後すぐ物件を見つけ、引っ越しすることになり、車で約30分の距離になりました。ちょっと遠いけど、他県の今に比べれば安心感が違います。

 

土地を決めた日。その日の帰り道はそれまで味わったことのない気持ちでした。やっと一段階進んだ安堵感。そこに生活を移すと覚悟を決めた緊張感。いよいよ大借金を負うのかというビビリ。そして今住む土地を離れるさみしさ。
楽しみの中にも、もう戻れないんだな〜という「やっちまった感」でドキドキしながら自宅へ戻りました。

 

ふー。長い! 長かったね〜土地のハナシ!!

読んでくださった方、本当にありがとう!!

さあ、土地が決まったら次はハウスメーカー。どの会社にどんな建築を依頼するか、見学会シーズン突入です。これは楽しいぞ。

 

つづく。

 

  ***********************************************************************

参考資料

●自分の町の土地の適正価格ってどのくらい? →国土交通省地価公示・都道府県地価調査 (通称:路線価)

●自宅から駅まで、歩くと何分? →マップル 「ちず丸

●偏った意見も多いけど、参考になるものも →教えて! goo 建築・リフォームカテゴリ

  ***********************************************************************

 

« 家づくり 〜03.二世帯について考える〜 | トップページ | ひさびさのお知らせです »

コメント

ホントに土地ってなかなか出会えないbearing
いいと思うと建築条件付の土地だったことが多かったdown
そういうハウスメーカーに限って家を建てるとなると
アレは無理コレは無理が多くってannoy
それでうちも結局一年かかった!
しかも赤子を育てながらというとホントに大変crying
がんばれpinocoちゃん!

>310どん
そうそう、建築条件!!
それ書くの忘れてた〜。ほんとに多くてさ、それ!
あそこらへんでハバ効かせてるメーカーが一帯買い取っちゃっててさ〜、てパターン。
1年かあ。前にちらりと聞いたらへんかな。
でも今の場所になってよかったね。落ち着いた地域だしさ。

ありがと〜upがんばるわ〜。
そして燃え尽き症候群にならんようにも気をつけますdash

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家づくり 〜03.二世帯について考える〜 | トップページ | ひさびさのお知らせです »