アバウト

  • pinoco pinoco
    @ ハハ

    インテリア雑貨好き、二児の母。絵に描いたようなO型の楽観主義者。書く・食べるときだけ左利き。甘党。キャノンS-95 と AQUOS PHONE zeta SH-01F 使用。三歩歩くと大抵のことは忘れてしまう。最近発覚したのは注意散漫症

    mao mao
    @ ムスメ

    エブリデイ、フルスロットル。05年8月生まれの8歳! マイペースなパワーあふれる、歌とダンスが大好きおてんば少女。とにかくストレートに感情をぶつけてくる激情ムスメ。ピーチク酉年。この1年で体型がグッと縦に伸びたらしい3年生

    hiroto hiroto
    @ ムスコ

    09年1月生まれの5歳。希望通りの癒し系息子。5歳にしてすでにマルコメ経験数、数知れず。姉ゆずりの笑顔はえびす顔。内弁慶の甘えん坊、人見知りと三拍子揃ってます! うっとり丑年。牛乳と折り紙とサッカーが好き

    yager yager
    @ チチ

    バスケとスノボとカート・コバーンを愛する親バカ隠れ管理人。システム担当。見た目とは裏腹なキャラは妻のみぞ知る?? ヒゲに坊主、スニーカーで出勤するさそり座B型。自由、PC、ペプシがあれば…何も要らない


    もっと知りたい?
    うっかり我が家に興味を持ってしまったそこのあなた!プロフィールも要チェックだわよ。

    このブログを登録する
    このブログのRSS(ATOM)を購読する
    このブログをマイニフティで読む
    このブログをマイリストに追加

    過去記事
    live.creazy.net」は2005年9月に始まりました。これまでの記事はトップページ下部の「バックナンバー」をクリック。 ※2007年10月にココログへ引越してきました。まだ一部工事中につきお見苦しい点はお許しください!

« 一本足打法 | トップページ | 晴れの日の記憶 »

2008年2月29日 (金)

引き続き駐車場より

2008022908

「フォフォフォ‥」
春一番が吹き荒れていたため、ふわふわの髪をガッチガチに防御中。コレよく見たらすんごい顔してました、娘

 

見る勇気がある方は、続きをどうぞ。

2008022909

「ぷぷっ」
アンタほんとはトシいくつよ? つーかおじさん?
‥ぱっと見はたいしたことないんだけど、じっくり見るとけっこうヤバイ

2008022910

「きゃははは! にさいだもんにーさーい!」

2008022911

「ひゃ~、おっかしい~ ひぃひぃ」

2008022912

「ひ‥」
ドサッ と3階へ到着した自称2歳児

 

撮影:母。

« 一本足打法 | トップページ | 晴れの日の記憶 »

コメント

あたしには何か企んでいる顔に見えるな。
なんだかどんどん表情豊かになっていくね!

子供って何聞いても年って答えるよね。
「お名前は?」「・・・にさい」
「・・・じゃぁ何歳?」「・・・・・・」
ってせっかく答えに合わせた質問すると
何も言ってくれなかったり。
おばさん空回り・・・gawk
まぁYOUは年齢すら言えないんだけどcoldsweats01

うーん、いい顔してるね、マオちゃん♪
娘も最近は変顔ブーム。
「変な顔は~?」って言うと得意げに披露するのよ(笑)
今度是非見てみてね~。

そうそう、マオちゃんって自分の年齢言える?
リオはね、2歳と言う言葉は言えても
「何歳?」と聞かれると「何歳!」とリピートしちゃうの~。
答えられたためしがありません。

たくらみ顔…する、するsmile
しかし、まおちゃん、いい味出してるわ~。
風に負けない強い女ねgood
まおちゃん、少しふっくらした?

>310さん
そだね、含み笑いを含みすぎて2歳児のレベルを超えた感が‥
うちは「お名前は?」てきくと「まおしゃんです!」って答えるよ。フルネームはたま~に。「しゃん」は要らんのだが‥
YOUもそのうちガンガン話し出すだろうね!

>エリナさん
リオちゃん変顔みたーい! ウチはまだ変顔リクエストには対応できないんだ(笑)。どうすりゃいいのかわからないらしい‥目覚めるときが楽しみだよ!
ウチは「何歳?」「う~ん、1歳!」だよ。。サバよんでどうする! 3歳とかもあるし、2歳と言えたためしがありません。「何歳!」もしょっちゅうだよ~

>fomamさん
娘っ子ちゃん、しそうだねえ~♪ 可愛いほっぺが目にうかぶよ! 
そしてますます情緒的に成長してるだろうねえ。今月楽しみにしているよ! お家わくわくする!
この写真の背景、懐かしいでしょう(^^) なんと! 近々追い炊き給湯器がつくのだよ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一本足打法 | トップページ | 晴れの日の記憶 »